お問い合わせ・ご予約

初診専用ダイヤル

050-7302-5843

再診・その他のお問い合わせ

03-5726-3718

24時間WEB予約

診療予約はこちら

一年間ありがとうございました!|都立大学駅徒歩3分の田村歯科医院

田村歯科医院

12月, 2018年

  • 一年間ありがとうございました! 2018.12.30

  • 本年もたくさんの患者さんに御来院いただきありがとうございました。

    まだまだ未熟ですので、至らぬ点も多々あると思われますが

    少しは皆様を笑顔にかえるお手伝いができたのではないでしょうか。

     

    今年を振り返ると色々なことが思い返されますが、大きな変化としては、小児矯正に力を入れ、また仲良くなった先生が全国的に増えた事でしょうか・・・

    そもそも小児矯正に力を入れたのは、自分の子供の矯正をするためでした。

    我々業界でよく目にするいわゆる拡大矯正。

    比較的早い段階で矯正を始めれば、抜歯せずにしかも夜間に装置を入れておけば大丈夫・・・という矯正方法。

    わたしもその方法を数年前に学び導入しました。

    しかしながら、症例によってはうまく行きませんでした。従って、ワイヤーによる矯正に移行することが多く、拡大床だけで理想的に歯並びが良くなる子供たちはわたしの感覚ではそんなに多くないと思われました。

    わたし自身の上の子は幸い拡大だけで上手く並びましたが、下の子はそう簡単には行きませんでした。

    そこで今後は仕方なく抜歯をするなりワイヤーで矯正をしよう考えていましたが幸いワイヤーで矯正するにはまだ時期がはやく矯正は一時中断していました。

    そんな時、セミナー関係のお仕事である歯科医院を訪れました。

    その時出会ったの矯正方法が、まさにうちの子にぴったりでした。

    そしてその矯正の勉強を今年一年することとなり、もちろん第一号の患者さんが、うちの子です。まだ初めて6ヶ月ですが、すでに歯並びは改善しつつあり、抜歯をしたり、ワイヤーをつける事なく歯は並びそうです。

     

    来年もよろしくお願いします。

    皆様を笑顔にかえる環境づくりを目指して・・・

  • 年末年始の診療について 2018.12.29

  • 年末年始のお知らせ

    本日29日が最後の診療です

    年始は1月6月曜日からの診療となります。

    ちなみに本日午後は急患の枠が少しありますのでお困りの方は

    ご連絡お待ちしています。

    主に救急的な処置のみの対応となります。
    よろしくご理解のほどお願いいいたします。

    田村

  • 口臭について 2018.12.29

  • 皆様こんにちは

    今日は口臭について簡単に流れだけをお話しします。

     

    当医院はほんだ式口臭外来を行っています。

    そのおかげか、口臭についての問い合わせが多いように思えます。

    原因は様々なのですが、それを調べて、対策(治療)を行うのが口臭外来となっています。

    検査に60分それに基づく説明とカウンセリングに90分ほどで合計2時間30分くらいのお時間がかかります。

     

    そこまで本格的にやらないまでも自分の口臭があるかどうか調べたいという方はお口のガスを採取して、検査だけでも可能(自費診療3000税別)なのでお気軽にご相談ください。

     

    皆様を笑顔にかえる環境づくりを目指して・・・

     

     

     

     

  • 親知らず 2018.12.28

  • 皆様こんにちは

    今日は親知らずについて書きましょう。

    我々業界あるあるですがかなりの頻度で質問を受ける事があります。

    それは

    親知らず抜いたほうがいいのですか?

    率直に答えはこうです

    診てみないとわからない・・・

    ですが、一般的に事実としては

    ⚪︎親知らずの隣の歯が虫歯になっている事があります

    ⚪︎親知らず自体むし歯に なっている事があります

    ⚪︎親知らずは斜めや水平に なってしまっている事があります

    ⚪︎腫れたり痛む事が多いです

    これらの状態や症状があれば抜歯を検討したほうがいいでしょう。

    皆様を笑顔にかえる環境づくりを目指して・・・

  • インプラントって安全? 2018.12.26

  • 皆様こんにちは

    私はインプラント治療に携わって20年以上になります。

    その中で最も進化した事が二つあると思っています。

    (当医院では基本チタンベースのインプラントを使用しています。また使用しているインプラントシステムはストローマン、アンキロス、DIOを使用しています)

    一つ目は

    インプラント本体の表面構造です。

    この表面構造が進化した事によって顎の骨と結合する事の安定性が向上しました。

    二つは

    ガイテッドサージェリーが可能になったとういう事です。

    インプラント治療にはそのインプラント本体を入れるために骨を削ります必要があります。

    骨を削る時に角度や深さのがとても重要となります。

    それをガイドしてくれる物がサージカルガイドと言われる物です。

    その作成方法は・・・

    お口の中の3Dスキャンデータと3Dレントゲンデータをマッチングさせる事でその製作が可能になり同時に精度が飛躍的に向上しました。

    それによってコンピューター上でのシュミレーションの精度にも信頼性が向上した事で、全身的な問題を除き、オペに踏み切るべきか否かを判断出来ますし、神経までの距離などを患者さんにもより具体的に画像で説明する事が可能となりました。

    現在当医院では90%以上のケースでこのガイデッドサージェリー下に於いてオペを行っています。

     

    結論として

    客観的にインプラントのオペを事前にシュミレーションする事が出来るので手術の手技に関して安全性を確保できるようになった。

    インプラントの本体も進化した事により顎の骨との結合に安定性が向上した。

    といえるでしょう。

    皆様を笑顔にかえる環境づくりを目指して・・・

  • 興味について 2018.12.23

  • 興味の続き

    本当に必要な興味に対して仕方なく抱く興味がありますね。

    理屈はこうです。

     

    親知らずを抜かなければならないと言われたとします。

    でも歯科医院に通うことに抵抗があります

    なぜならその方は仕事が忙しく、おやすみが不定期だからです。

    仕事の都合をつけやむなくアポイントを調整しなければなりません。

    本来やりたくない出来事に興味を持つ必要がありますね。

     

    本当の目的は親知らずを抜いて、腫れたり、痛い、食事が出来ないなどの症状を改善することです。

    しかしながら、それには忙しい合間を縫ってアポイントの都合をつけなければなりません。

     

    つまりここに付帯する興味が発生します。

     

    もしアポイントを調整する事自体に興味を失ってしまったら本来の目的である親知らずすら抜く事が出来ず、痛みや腫れなどの症状を改善する事に繋がりませんね。

     

    本来の目的を達成するために、様々な困難を乗り越える必要があるんです。

    付帯する興味に目を向けてみませんか?

     

    皆様を笑顔にかえる環境づくりを目指して・・・

     

     

  • 12月24日の診察について 2018.12.22

  • 12月24日は祝祭日ですが、診療しています。

    木曜日にセミナーを受講するため変則的になっています。

    よろしくお願いいたします。

     

     

  • 治療しなくてだいじょうぶ??? 2018.12.21

  • 何もしないという選択肢・・・

    処置は必ずしなければならないという事はありません。

    ただ、状態を知って、今後どうされるか・・・

     

    よく考えていきましょう。

     

    皆様を笑顔にかえる環境づくりを目指して・・・

  • 削ったほうがいいのですか? 2018.12.20

  • 患者さんの本音・・・

    むし歯っぽいけどこれって削った方がいいのかなぁ?

     

    このようにお考えになる事ってありませんか?

    きっとそのくらいのご心配であればすぐには削らなくても大丈夫だと思われます。

     

    なぜなら・・・むし歯の進行は遅いからです。

    同時に痛いなどそこまで困ってなさそうだから・・・

     

    です。

     

    ですが、いわゆるそのむし歯

    状態、症状、場所にもよりますので、手放しで大丈夫なわけではありませんので注意してくださいね。

     

    先ずは相談してみてください。

     

    皆様を笑顔にかえる環境づくりを目指して・・・

  • ネガティブな自分 2018.12.19

  • ネガティブとポジティブ

    世間ではよく使われています
    ポジティブ、前向き思考、積極的、明るいなどプラスの事と認識しています。
    反対にネガティブ、悲観的、暗い、消極的、マイナス思考という事になりますでしょうか。

    ある問題対して、ポジティブに捉えるかネガティブに捉えるか。
    これによって、行動が変わりますし、その問題が問題では無くなることすら有ります。

    こんな時やっぱりポジティブシンキングが大事ですね!!
    と言う人は多いと思います。

    しかしながらどうでしょう。

    自分が病に苦しんでいる時、大切な人が苦しんでいる時、はたまた、身近に不幸が有った時。
    こんな時は、ポジティブでいられるでしょうか?
    ハタから見ればどうでもいいような事でも、当事者にとっては、つらく大変な事も沢山あるのでは
    ないでしょうか。

    そんな時そばに寄り添ってあげられる人が居て、その想いを共有できたなら。
    ネガティブな部分をしっかり受け止めてこそ、きっとポジティブな状態にかえられるのではないでしょうか?

    ネガティブな感情や、状態、気持ちを、私は大切にしたいです。

    勿論状態や状況にもよりますが、単なる楽観は私には暫く出来きそうにありません。

    皆様を笑顔にかえる環境づくりを目指して・・・

PAGE TOP