都立大学駅徒歩3分の田村歯科医院

義歯・入れ歯

患者様に合った入れ歯をご提案します

失った歯の機能を回復するための治療法には、取り外し可能な「入れ歯治療」を筆頭に、となりの歯を支台にして連結した人工歯を装着する「ブリッジ治療」や、人工歯根を埋め込む「インプラント治療」などがあります。

歯を失った状態のまま放置していると、失った歯のとなりに生えている歯が倒れ込んできたり、咬み合っていた歯が伸びてきたりして噛み合わせのバランスを崩してしまう原因となります。
何らかの理由で歯を失ってしまった方は、お口全体の健康を損なうことがないよう、できるだけ早期に治療を受けましょう。

また、「外れやすい」「歯ぐきが痛む」などの入れ歯の不具合にお悩みの方についても、当院までお早めにご相談ください。
合わない入れ歯を継続的に使用していると、歯ぐきの炎症や周囲の歯や顎関節への負担を引き起こし、結果的に健康を損なう原因となります。

患者様に合った入れ歯をご提案します

入れ歯は保険と自費でどう違うの?

入れ歯には保険診療のものと自費診療のものがあり、それぞれに特徴が異なります。
保険診療の入れ歯は安価に作製することができますが、使用できる素材に制限があります。

一方、自費診療の入れ歯は、保険を適用することができませんが、さまざまな素材や作製方法から選択していただくことができます。
当院では、患者様のお口の症状やご希望、ご予算などを丁寧にお伺いしたうえで、最適な入れ歯をご提案いたします。

入れ歯は保険と自費でどう違うの?

人工歯の色・形の選択肢 限定されます 様々な選択肢から選べます
床の種類 制限があります 様々な選択肢から選べます
固定方法 金属のバネ(クラスプ)で固定 バネが見えにくいもの、バネがないものなど様々な種類があります
作製期間 短め 長め
装着感 厚みがあるため違和感が残ります 薄くコンパクトに作製でき、違和感が軽減されます
強度 強度は高くありませんが、修理や調整がしやすい 強度の高い素材を選択可能

当院で取り扱っている入れ歯の種類

金属床義歯

金属床義歯とは、入れ歯の床の部分が金属でつくられた入れ歯です。
金属床の義歯は熱の伝導性に優れているため、食べ物や飲み物の温度をしっかりと感じることができます。

また、薄く作ることができるため、話しをするときの違和感も少なく、高い強度を持っていることもメリットの一つです。
金属床義歯で使用する金属の種類には、コバルトクロム合金や白金加金、チタン合金などがあります。

なかでもチタン製の金属床は生体親和性も高く、非常に薄く軽い入れ歯を作ることも可能です。
金属床の製作には高価な材料を使用し、熟練した技術が必要となるため保険の対象外となります。

金属床義歯
ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャーとは、金属のバネ(クラスプ)がない保険適用外の入れ歯です。
金属のバネを使用しないため、金属アレルギーの心配がないことはもちろん、外見から入れ歯をしていることが気づかれにくく、審美的な面で非常に優れています。
また、使用する素材はしなやかさ且つ非常に丈夫で、薄くコンパクトに作製することができるため、快適な入れ歯に仕上げることが可能です。

ノンクラスプデンチャー
BPS義歯

BPSとは、Biofunctional Prosthetic System(生体機能的補綴システム)の略で、「よく噛める」「痛くない」「外れない」「美しい」を実現する精密義歯です。
通常、保険診療で入れ歯作製を行うときには、1回の型取りで義歯制作に移ります。

しかし、この方法では弾力と動きのあるお口の形態を型に反映することが困難であり、歯科医師の技術と感覚に入れ歯の品質が左右されます。
一方、BPS義歯では、歯ぐきの形や舌・頬の動きなど、歯だけでなく口の中全体を正確に型取りします。

口を閉じたもの、開いたもの、咀嚼時にすり潰す左右への揺れなどをしっかりと型取りすることで、患者様1人ひとりのお口の形にピッタリと合う高品質な入れ歯を作製することができるのです。

BPS義歯
田村歯科医院 電話番号 田村歯科医院 WEB予約
初診の方 再診の方 WEB予約