都立大学駅徒歩3分の田村歯科医院

一般歯科

むし歯になる原因は?

食べ物のカスが歯の表面や隙間に溜まることで、それが歯石や歯垢(プラーク)となります。むし歯菌はそこを住み家として増殖していきます。そして増殖したむし歯菌は酸を生み出し、その酸が歯の表面を溶かしていくのです。

人間の身体は自己修復機能を持っていますが、それは歯も同じで、ダメージを受けた箇所は自然と回復していきます。この働きを【再石灰化】といいますが、この再石灰化のはたらきよりもむし歯菌が出す酸のダメージが上回ったときに回復が追い付かなくなり、【むし歯】となるのです。

むし歯になる原因は?

再石灰化の促進法

以下の方法で再石灰化を促進できると言われています。

  • 歯磨きをこまめに行い、歯石や歯垢を取り除く
  • フッ素配合の歯磨き粉を使用する
  • キシリトールのガムやタブレットを摂取する

歯科医院では日々の歯磨きでは取りきれない歯石や歯垢を取り除いたり、歯の表面に高濃度のフッ素を塗布したりする、という予防治療を提供することができます。

むし歯の進行段階と治療法

むし歯の進行段階その1:C0(シーオー)

初期段階のむし歯です。エナメル質の表面が溶け始め、その部分が変色しますが穴は開いていません。痛みなどの自覚症状はほとんど見られません。

治療法
この段階のみ歯科医院による治療を受けることなく、症状を改善させることができます。丁寧な歯磨きを心がけましょう。

むし歯の進行段階その1:C0(シーオー)
むし歯の進行段階その2:C1(シーワン)

症状が進行して歯の表面に穴が開き始めます。この状態でも痛みはあまり見られませんが、冷たいものが沁みるなどの自覚症状が出る場合があります。

治療法
この状態になると自然治癒は望めません。むし歯の部分を削り、詰め物をします。まだ軽度のため、麻酔をする必要がない場合があります。

むし歯の進行段階その2:C1(シーワン)
むし歯の進行段階その3:C2

むし歯菌の出す酸がエナメル質の奥にある象牙質に届いた状態です。温かいものも沁みるようになり、ときおり痛むこともあります。

治療法
むし歯を削り、詰め物をします。ほとんどの場合、麻酔をする必要があります。

むし歯の進行段階その3:C2
むし歯の進行段階その4:C3

象牙質のさらに奥にある歯髄にむし歯菌が到達しています。歯髄で炎症が起こり、常にズキズキと痛むようになります。

治療法
神経を取り除く根管治療という大掛かりな治療が必要となります。

むし歯の進行段階その4:C3
むし歯の進行段階その5:C4

すでに歯の大半が溶けてしまい、かろうじて歯茎の上に立っている状態です。指で触れればグラグラと揺れることがあります。

治療法
この状態では歯としての機能が失われているため抜歯するしかありません。

むし歯の進行段階その5:C4

当院のむし歯治療

当院では患者様の負担をなるべく減らすために安心できる、痛みの少ない治療を志しています。
その治療の目的・どのような治療を施すかを事前にきちんと説明することでリラックスして治療に臨んでいただけるようにしています。また麻酔に用いる針を極細のものにしたり、麻酔液を温めたりするなどして痛みを最小限に抑えるようにしています。

歯科医院による治療=歯医者さんに行くことに苦手意識を持っている方は是非当院に一度お問い合わせください。

むし歯の予防治療

むし歯は治療しても同じ箇所もしくは別の箇所がむし歯になり、歯科医院を再び訪れる人がほとんどです。これはむし歯に一度なった人は「むし歯になる原因」を抱えているからであり、それを改善しないことには同じことの繰り返しとなってしまうのです。

そのためむし歯だけではなく、歯科治療を考える際には【予防歯科】が非常に大切となってきます。
【予防歯科】という言葉はまだ日本ではあまり馴染みのないものかもしれません。予防歯科はむし歯や歯周病など、どこか悪くなってから治療を受けるのではなく、そもそもならないようにすることを目的とした歯科治療となります。

歯科医院におけるむし歯の予防方法

当院では以下のようなむし歯の予防治療を提供しています。

歯のクリーニング

自宅における歯磨きは予防治療において最も重要なものですが、磨き残しはどうしても出てしまうものです。歯科医院では専門の器具を用いて歯の隅々までクリーニングすることができます。

歯のクリーニング
歯磨き指導

大人であっても正しい歯磨きを身につけている人はそう多くありません。歯科医や歯科衛生士が患者様ごとの歯磨きの癖をチェックし、磨き残しの出ない歯磨きの仕方をレクチャーします。

歯磨き指導
食事指導

甘いものを多く口にしたり、間食が多かったりすると口内が常に酸性になってむし歯になりやすくなります。食生活を見直すことでむし歯になることを防ぐことができます。

食事指導
高濃度のフッ素塗布

歯の表面にフッ素を塗ることで再石灰化のはたらきを強め、むし歯になるリスクを減らすことができます。フッ素入りの歯磨き粉も市販していますが、歯科医院では効果の高いものを提供することができます。

高濃度のフッ素塗布

予防歯科の大切さ

予防歯科と聞いても、まだ馴染みのない日本では「歯医者はむし歯になってから治しに行くところ」「まだ悪くなっていないのに時間もお金ももったいない……」と思う人が多くいるのが現状です。
たしかに予防歯科のために歯科医院を訪れるにはお金も時間もかかります。しかし、予防歯科を行うほうがむし歯になってから治療するよりもそのどちらをも節約することができます。そして何より、身体へのダメージを最小限に抑えることができるのです。

むし歯に気づいてから歯科医院を訪れる患者様は、何かしら痛みを感じていることがほとんどです。上記でも説明したように日常生活の中で痛みを感じるまで症状が進行したむし歯は、麻酔を用いた治療が必要となります。それだけ削る部分も大きいということであり、費用も治療期間もかかるようになり、歯自体に与えるダメージも大きくならざるを得ません。

しかし予防歯科のために数ヶ月に一度、自覚症状がなくても歯科医院を訪れる習慣があれば、歯のクリーニングを定期的に行えるのでむし歯になることを防ぐことができます。またむし歯になっていたとしても軽い症状なら治療自体も軽いもので済み、歯自体に与えるダメージも最小限に抑えることができるようになります。

短期的な観点からすれば予防歯科は面倒に思えるかもしれませんし、治療費ももったいないと感じるかもしれません。しかし長期的な視野を持てば、予防歯科の方が患者様のあらゆる負担を小さくできます。
むし歯になる前に予防したい方、歯を常に清潔さに保ちたい方は是非一度当院までお問い合せください。

田村歯科医院 電話番号 田村歯科医院 WEB予約
初診の方 再診の方 WEB予約