都立大学駅徒歩3分の田村歯科医院

マタニティー歯科

妊娠中の女性は、女性ホルモンの増加などによって口腔衛生が悪化しやすく、むし歯や歯周病にかかりやすい状態になります。
また、妊産婦が歯周病になった場合、早産や流産のリスクが高まることも明らかになっています。

当院では、妊婦さんへの歯科治療にも対応しています。
妊娠中は治療が受けられないと思っている方は多くいらっしゃいますが、原則として、治療を行ってはいけない時期というものはありません。ただし、つわりがひどい妊娠初期や、仰向けで治療受けるのが困難な妊娠後期は一時的な処置でとどめておくのが一般的です。
そのため、妊娠約5~8ヶ月の安定期に歯科治療を受けることがもっとも適しています。

この安定期であれば、むし歯や歯周病の治療など、基本的な治療はほとんど受けていただけます。

お母さんの口腔環境が悪いとどうなるの?

お母さんが虫歯になると・・・
  • 赤ちゃんの歯に虫歯菌を移してしまう
  • 移した虫歯菌の量によっては、子どもが大人になっても定着してしまう
  • 乳歯だけではなく、生え替わったあとの永久歯も虫歯になるリスクがある
  • 普段の食生活やブラッシングも厳しい管理が必要になる
お母さんが歯周病になると・・・
  • 早産になりやすくなる
  • 低体重児の出生になりやすくなる

妊娠と歯周病の関係性

妊娠すると歯周病が悪化しやすくなります

女性は妊娠すると、エストロゲンやプロゲステロンと呼ばれる女性ホルモンが血中で豊富に生成されます。
これらのホルモンは血液循環によって体中を巡り、歯と歯茎の境目にある歯周ポケットにも行き渡ります。

一部の歯周病菌は、これらの女性ホルモンによって活性化されるため、歯周病が急速に悪化しやすくなるのです。
そのため、日頃のブラッシングと併せて、歯科医院でしっかりとお口のメインテナンスを受けることが重要となります。

妊娠と歯周病の関係性
歯周病が妊娠に与える悪影響

歯周病によって歯ぐきに炎症が生じると、サイトカインと呼ばれる物質が血中に生成され、全身を巡ります。
このサイトカインは傷の修復などに深く関わる重要な物質ですが、お腹の中の赤ちゃんの成長を阻害する働きも持っているのです。

そのため、妊婦さんが歯周病になると、低体重児が起きやすくなったり、早産のリスクが増加します。
飲酒や喫煙など、妊娠のトラブルのリスクとされるものと同じように、歯周病についても十分にご注意ください。

歯周病が妊娠に与える悪影響

お母さんのお口の健康管理は、お子様の虫歯予防にも繋がります

お子様が生まれる前の妊婦さんのお口のケアは、お子様が生まれたあとのお子様の虫歯予防にも効果的です。
多くの方はご存知かもしれませんが、生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には虫歯菌は生息していません。

しかし、親御様が赤ちゃんと同じお箸やスプーンを使ったり、赤ちゃんにキスをしたり、虫歯菌のある子どもの舐めたおもちゃを舐めてしまったりすることで、赤ちゃんのお口の中に虫歯菌が棲みつくようになります。
赤ちゃんともっとも接する時間の長いお母さんには、上記のような行為をしないようにぜひ気をつけていただきたいのですが、赤ちゃんが生まれてから大人になるまで虫歯菌を一切移さないことは非常に困難です。

そのため、もっとも重要なのは、お子様に移す虫歯菌の量を減らすことにあります。

ある研究では、お母さんのお口の中の虫歯菌が少ないと、お子様の虫歯発生率が少なくなるという結果も報告されています。
お子様をむし歯から守っていくためにも、まずはお母さんのお口のケアをしっかりと行っていくことが重要になります。

お母さんのお口の健康管理は、お子様の虫歯予防にも繋がります

妊娠中の方への歯科治療

妊娠中に受けることができる歯科治療

妊娠中は、実際にはほとんどの歯科治療は安心して受けていただくことができます。
妊娠中に注意しなければならない歯周病治療や、虫歯の詰め物・被せ物の治療も可能です。

また、飲み薬についても、お腹の中の赤ちゃんや妊婦さんご自身への悪影響が長年報告されていない安全な薬の中からお選びいただきます。

妊娠中の方への歯科治療
妊娠中は避けるべき歯科治療

妊娠中は、抜歯や手術など、出血を伴う処置は避けなくてはなりません。
出血が伴うと、ご自身の身体が傷口を治そうとして、胎児の成長を阻害するサイトカインが豊富に生成されます。

親知らずなどが腫れて痛み出すことも妊婦さんに多いトラブルですが、妊娠中は抜歯手術が行えないため、飲み薬などで処置を出産後まで引き延ばすことも少なくありません。

妊娠中は避けるべき歯科治療
田村歯科医院 電話番号 田村歯科医院 WEB予約
初診の方 再診の方 WEB予約